FAX感覚で利用できる家庭用複合機の機能とは?

FAX感覚で利用できる家庭用複合機の機能とは? 一昔前の複合機は印刷機能さえ使えれば十分で、それ以外の機能はおまけ扱いというような機器が主流でした。
しかし最近の複合機はそれぞれの機能が非常に高次元化されており、メーカー側も複合機には常に最新の機能を搭載するのが当たり前になってきています。
その中でも特に注目されているのがFAXのような感覚で使うことができる複合機です。
家庭用の複合機で使用できるのは主に印刷やコピー、スキャナーに限られますが、インターネット回線に接続した複合機を使うと、FAX間隔で利用することが可能です。
ここで言うインターネット回線は無線LANを使った回線のことで、利用にあたっては送る側だけでなく受け取る側にも同様の設備が整備されていることが必須条件となります。
利用手順は始めに送信したい原稿をスキャンし、それを「メールでリモート印刷」というモードにします。
その後スキャンした複合機からメールが送信され、受信した複合機ではそのデータを元に印刷を行うことができるという流れです。
この時の使い心地はまさにFAXそのもので、一度設定をしてしまえば後は簡単に操作することができ、わざわざパソコンを介さなくても操作ができます。
ただし、相手側も対応する機械を持っていないといけない点や、ファイル画像の方が解像度が良いという欠点もあります。

FAXのメリット・デメリットの紹介

FAXのメリット・デメリットの紹介 今日では、メールをはじめとした有効な情報伝達手段が登場したこともあり、FAXの存在感が希薄になっていますが、ビジネスの場ではまだまだFAXが利用される場面は多いです。
そんなFAXのメリットは、資料や文書の一部を手軽に相手に送信できることです。
特に手書きで簡単に修正した文書を送信するのに向いており、専用のアプリケーションで修正してファイルとして保存し、添付するといった手間を加えなければならないメールと比較すると短時間で作業をすることができます。
また、メールと同様に、相手方が不在の状況下でも用件を伝えられるのもメリットといえます。
一方、デメリットは、必ず文書が白黒になってしまうことです。
カラーで印刷されていて、複雑な構成になっている文書を相手に送る場合は、明らかにメールに添付して送信した方が正確に情報が伝わります。
また、送信されたFAXの内容は伝えたい人本人が最初に見るとは限らないため、親展扱いとしたい情報を伝えるのには非常に不向きな通信手段でもあります。